植毛と増毛の違いとそれぞれのメリット・デメリットについて

髪の毛の悩みを早く改善したいときにおすすめなのが植毛や増毛です。どちらも同じ方法ではないのかと思う人もいると思いますが、多くの違いがある方法のためそれぞれのメリットとデメリットを含めて解説します。
植毛とは、頭皮に人工毛や人毛を人工的に植え付けていく方法です。主に自分の毛を薄くなった部分に移植することが多く、自分の毛のため拒否反応が少なく植え付けた髪は生涯に渡って伸び続けるため術後もさまざまなヘアスタイルを楽しむことができ、自然な仕上がりで、その後のメンテナンスが必要ないというメリットがある反面、拒否反応が絶対に現れないわけではなく、患部が炎症や化膿してしまうケースがあり、手術する必要があるため費用は高額で、医師の技術によって仕上がりの質が左右されるということが考えられます。
贈毛とは、今ある髪に人工毛を数本結びつけたり、特殊なシートを使い人工毛を地肌に張り付けることで髪のボリューム出す方法になります。メリットとしては一気に髪の量を増やすことができ、カツラよりも自然に簡単で早く薄毛を改善することができます。しかし、手入れが大変であくまで人工的に髪を増やしている状態のため本来の意味で薄毛を改善しているわけではなく、メンテナンスを行なうことで費用がかかるというデメリットがあります。

自毛植毛の費用