植毛と増毛の違いとそれぞれのメリット・デメリットについて

髪の毛の悩みを早く改善したいときにおすすめなのが植毛や増毛です。どちらも同じ方法ではないのかと思う人もいると思いますが、多くの違いがある方法のためそれぞれのメリットとデメリットを含めて解説します。
植毛とは、頭皮に人工毛や人毛を人工的に植え付けていく方法です。主に自分の毛を薄くなった部分に移植することが多く、自分の毛のため拒否反応が少なく植え付けた髪は生涯に渡って伸び続けるため術後もさまざまなヘアスタイルを楽しむことができ、自然な仕上がりで、その後のメンテナンスが必要ないというメリットがある反面、拒否反応が絶対に現れないわけではなく、患部が炎症や化膿してしまうケースがあり、手術する必要があるため費用は高額で、医師の技術によって仕上がりの質が左右されるということが考えられます。
贈毛とは、今ある髪に人工毛を数本結びつけたり、特殊なシートを使い人工毛を地肌に張り付けることで髪のボリューム出す方法になります。メリットとしては一気に髪の量を増やすことができ、カツラよりも自然に簡単で早く薄毛を改善することができます。しかし、手入れが大変であくまで人工的に髪を増やしている状態のため本来の意味で薄毛を改善しているわけではなく、メンテナンスを行なうことで費用がかかるというデメリットがあります。

自毛植毛の費用

女性の薄毛対策に役立つ育毛剤の選び方

女性の薄毛対策に役立つ育毛剤の選び方で大事なのは、どれだけしっかり薄毛に対する有効成分が入っているかどうかです。女性用育毛剤を選ぶ時は、亜鉛が含まれている物がおすすめです。アミノ酸やタンパク質を毛髪に変化させる力があるからです。亜鉛は、毛髪が作られる際、重要な役割を果たしています。女性は特に亜鉛不足が叫ばれているので、薄毛対策として、意識して摂取する必要があります。女性の薄毛対策に役立つ育毛剤を探しているなら、大豆イソフラボンが含まれているものがおすすめです。ホルモンバランスの乱れを改善してくれるからです。薄毛に効果的な成分で、ホルモンバランスの乱れからくる薄毛に対して大きな効果があります。大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするので、ホルモンバランスの調節効果が期待できます。特に40代以降のホルモンバランスが乱れやすい年代の人は、注目すべき成分です。女性用育毛剤は、含まれている配合成分が色々なので、自分の髪と頭皮の状態をまず知り、その対策が可能な成分が入っている女性用育毛剤を選ぶことが大事です。

ミューノアージュの育毛効果

女性の薄毛・抜け毛の原因について解説します。

女性の薄毛や抜け毛の原因は、色々ありますが、女性特有のものとして、ホルモンバランスの乱れがあります。女性ホルモンは、加齢と閉経で作れる量がどんどん減ってきて、それによりホルモンバランスが崩れると、体に不調をきたすことになります。女性ホルモンは毛髪と深い関わりがあり、エストロゲンには、毛髪を維持する働きがあります。ホルモンバランスの崩れは、女性の場合、過度なダイエットや睡眠不足から起こることが多いです。睡眠不足は特に大きな原因になります。睡眠と毛髪の成長に深く関わるのが成長ホルモンで、成長ホルモンはしっかり睡眠をとらないと働いてくれません。女性は、過度なダイエットをすることが多く、そのことが薄毛や抜け毛の原因になっています。極端に食事の量を減らしたりする急激なダイエットは、髪によくありません。髪に十分な量の栄養素が届かないと、脱毛をひき起こすことになります。環境によるダメージも女性の薄毛や抜け毛の原因になります。それは紫外線などの環境要因だけでなく、ヘアケア製品などの刺激も含まれます。今使っている物が髪にいいものかどうか検討してみる必要があります。

 

30代からの薄毛対策